MENU

喜ばれる妊娠祝いって何を選んだら良いの?

近しい人の妊娠というニュースはとても喜ばしいものですね!お腹の中に宿った新しい生命のことを考えると、言葉では上手く言えない何とも不思議なものがあります。そんな妊娠という慶事には何かプレゼントをしたいと考えるのが人というもの。相手が身近な存在となれば尚更です。しかし「妊娠祝い」に一体どんなものを贈ったら良いのかは悩むところ。そこで、妊娠祝いのプレゼントにはどんなものが喜ばれるのかを見ていきたいと思います。

妊娠中にも出産後にも使用できる妊娠線クリーム


プレゼントは悩みだすとキリがありません。どれも良く見えたり、どれも違って見えたりして難しいですよね。「せっかくだから喜んでもらえるものを贈りたい」と贈る人は心から思っているはず。そこで妊婦さんに喜んでもらえるプレゼントとして「妊娠線クリーム」を贈るのはいかがでしょうか?妊娠中も出産後も使用できますので、選択肢のひとつに加えてみて下さいね。

■近しい人だからこそ詳しく知れる妊娠線の悩み
妊婦さんは赤ちゃんを授かった喜びと同時に、赤ちゃんを守る責任やいろいろな悩みと不安を抱えます。すでに出産を経験されている方や女性のお友達など、身近な人に相談したいと思うことがあるはずです。
そんな妊婦さんの心配事のひとつで必ずと言っていいほど耳にするのが「妊娠線」。お腹が大きくなるにつれて、肌の奥にある伸びづらい真皮が裂けてしまう現象です。初めは目に見えませんが次第に肌の表面に現れます。
妊娠線は70%〜90%と高い確率で起こる上に、肌の奥の真皮に傷が付くため非常に治り辛い厄介なもの。ですから妊娠が分かった時点で、妊娠線専用のクリームを使って早めにケアした方が良いのです。

■どんな妊娠線クリームがいいの?
妊娠線専用クリームと言っても種類はたくさんあります。その中から何を選ぶべきか、気を付けて欲しい点を挙げてみますね。

*肌に優しい低刺激な成分に配慮されているか
*真皮まで届く浸透力があるか
*保湿成分が十分に含まれているか
*肌のハリ・弾力を回復させる効果があるか
*肌に柔軟性を与えられるか
*肌のターンオーバーを助けてくれるか
*香りはどうなっているか

クリーム選びで気を付けて欲しい点の一部ですが、結構ありますよね。
妊娠すると肌の乾燥やホルモンバランスの乱れによる体質の変化も見られます。ですから、できるだけ低刺激・無添加のものがおすすめです。また真皮まで届く浸透力がある商品はなかなか市販されていないので、インターネットの公式サイトで購入すると良いでしょう。
妊婦さんは香りにも敏感になりますよね。もし相談を受けたり話しを聞く機会があったりすれば、それとなく好みを聞いてみるのも良いと思います。ただ無香料なら敏感な妊婦さんにも安心してプレゼントできるので、悩むようなら無香料を選ぶと良いでしょう。

妊娠線クリーム以外で人気のプレゼント


まずは妊娠中・出産後の両方に使用でき、妊娠線や敏感な妊婦さんの身体をケアしてくれる商品「妊娠線クリーム」についてお伝えしました。
ここからは、妊娠線クリーム以外で人気の妊娠祝いプレゼントを見ていきたいと思います。

*ノンカフェインの飲み物
珈琲や紅茶が好きという人は多いですよね。でも妊娠中は控える必要があります。そんなときにあったら嬉しいのが「ノンカフェインの珈琲や紅茶」。飲みたいのに飲めない!それって意外とストレスですよね。そんな方への贈り物にいかがでしょうか。
*甘さ控えめのスイーツ
妊婦さんは健康管理がとても大事。そのために甘いもの好きな女性はスイーツを食べるのにも気を使います。そんなスイーツ好きの妊婦さんには低糖質のスイーツがおすすめですよ。
*抱き枕
お腹が大きくなると仰向けで寝るのは苦しいもの。重くなったお腹を支えてくれる抱き枕は横向きで寝るときに便利です。使い方によっては脚を乗せてむくみ取りにも利用できます。
*母子手帳ケース
妊娠したお母さんの必須アイテム「母子手帳」用のケースです。デザインも様々でバックから取り出すのが楽しくなるかもしれません。大切なものですからケースに入れて大事に持ち歩きたいですね。
*エコー写真用のフォトフレームやアルバム
妊娠中にお腹の赤ちゃんが見られる貴重なエコー写真。フォトフレームやアルバムに入れて、お腹の中にいたときからの成長の記録を保管しておけます。
*ケープやブランケット
妊娠中は特に冷えに注意したいもの。授乳にも使えるケープやブランケットは妊娠中も出産後も重宝する便利アイテムですね。
*アロマグッズやリラクゼーション音楽
キャンドルやディフューザーなどのリラックスアイテムです。ちょっと注意が必要なのはお母さんがリラックスできる香りを選ぶこと。もし香りを選ぶのが困難なら、胎教にも良いリラクゼーション音楽などは心が穏やかになって良いと思いますよ。
*安産のお守り
昔から妊婦さんを気遣って贈られるお守り。安産の神様のところへ足を運んで、妊婦さんのために用意するものです。日本の伝統だと思うと心強さや安心感があり、贈ってくれた人の気持ちがとても嬉しいものですね。

喜んでもらいたいから贈る妊娠祝いのプレゼント


初めにプレゼントとしてご紹介した「妊娠線クリーム」は、妊娠が分かったらすぐに利用して欲しい一品。出産後にも継続して利用できるのもポイントです。絶対に妊娠線ができないとは言えませんが、間違いなくケアしておいた方が後悔しないで済みます。
そして、その後にご紹介した妊娠線クリーム以外のプレゼントは、妊婦さんの趣向に合わせて選べるものです。
プレゼントはいただけばとても嬉しいものです。贈る人は相手のために一所懸命考えてプレゼントを選びます。気持ちのこもった贈り物だからこそ、幸せな気持ちも大きくなるのだと思います。