MENU

妊娠中の肌のかゆみの原因って何?

妊娠中の悩みのひとつに「かゆみ」をあげる妊婦さんは多いと思います。かゆみはなかなか我慢できないもの。知らないうちに掻いてしまっていたり、かゆくて目が覚めるので睡眠不足になってしまったりと、体調管理をする上でお母さんにもお腹の赤ちゃんにも影響がありますよね。そんなかゆみの原因は妊娠線なのでしょうか?妊娠中のかゆみの原因についてお伝えしていきます。

妊娠中のかゆみの原因


かゆみの原因としてパッと思い浮かぶ妊娠線。確かに妊娠線もかゆみの原因のひとつですが、他にもいくつか原因があるのです。妊娠線とその他に考えられる主な原因を見ていきましょう。

■妊娠線に関わるかゆみ
妊娠線はお肌の奥にある真皮や皮下組織に亀裂が入ることで起こるもの。簡単に考えると「傷」ということです。体に傷ができるとかゆみを伴いますよね?妊娠線の場合は表面に出てこないだけでお肌の内部には傷ができ始めています。その刺激がかゆみとなって現れるのが妊娠線によるかゆみなのです。

■ホルモンバランスの乱れによるかゆみ
妊娠中はホルモンバランスが乱れます。女性ホルモンが増加して男性ホルモンが減少するという状態になるのですが、実は男性ホルモンには乾燥を防ぐ働きがあるのです。男性ホルモンが減った妊娠中のお肌はもともと乾燥しやすいデリケートな状態と言えます。そのために少しの刺激でかゆみを感じやすくなってしまうのです。かゆみが我慢できる程度であればあまり心配しないで下さいね。

■病気によるかゆみ
妊娠線とは関係なく起こるかゆみは病気の可能性があります。

?妊娠性皮膚掻痒症(ニンシンセイヒフソウヨウショウ)
妊娠中期〜妊娠後期の方に多くみられる症状です。原因はホルモンバランスによる乱れ。「あれ?」と思った方もいらっしゃいますよね。この病気は男性ホルモンの減少によるかゆみと原因は同じなのです。しかし「我慢ができない程のかゆみ」という点で別にお伝えしています。血が出るくらい掻きむしってしまうこともあるので、色素沈着や妊娠線を目立たせる要因にもなります。早めに医師に相談しましょう。

?妊娠性痒疹(ニンシンセイヨウシン)
妊娠初期〜妊娠中期にかけて多く見られるもので早くから症状の出るタイプです。すでに出産を経験した第2子以降を身ごもった妊婦さんに見られます。蕁麻疹に似た症状で体のいたるところに小さく盛り上がった発疹ができるのですが、強いかゆみを伴って体全体に広がることもあります。お腹の赤ちゃんに影響はありませんのでご安心くださいね。出産後数日で治るのですが、かゆみが強く睡眠不足になる点やストレスを感じる点はやはり体調管理に影響します。こちらも早めに医師にご相談ください。

?PUPPP(多型妊娠疹)
初めての妊娠で妊娠後期に症状が見られるものです。妊娠性痒疹と同じように蕁麻疹に似た発疹ができます。主にお腹を中心に発疹ができるのですが発疹同士が繋がって大きくなることも。やはり強いかゆみを伴いますが出産後には治ります。ただ発症の確率はとても低いです。

かゆみへの対策方法


妊娠線と妊娠中のかゆみの原因で共通しているのは乾燥です。かゆくなった後で妊娠線ができたという方もいます。乾燥しているところほど妊娠線もできやすいのです。

?優先すべきかゆみ対策法はなんと言っても保湿ケア。肌トラブルや医師から特別に指示されているのでなければ、早い段階から妊娠線専用クリームなどでケアを始めましょう。真皮まで届く低刺激の専用クリームの方が、妊婦さんにとっても赤ちゃんにとっても安心して使えますよね。
?次に気を付けたいのは「できるだけ掻かない」ことです。少しくらいなら真皮までダメージが及ぶことはまずありませんが、お肌に傷が付いたり湿疹ができたりと良いことはありません。妊娠線が出来やすくなってしまう可能性もあります。保湿ケアだけでしのげない場合はかかりつけの医師に相談の上、必要なら皮膚科医を紹介してもらい塗り薬などを処方してもらいましょう。
?身体を清潔に保つのも効果があります。妊娠中のお肌は常にデリケートな状態なので、少しの埃・皮脂汚れ・汗などでもかゆみが助長されてしまいがちです。シャワーを浴びたりお風呂に入ったりしたら、しっかり保湿ケアをして下着や衣類を替えましょう。
?最後にかゆみを抑える方法でよく聞く「冷やす」についてです。一時的であれば効果もあるので冷やしても良いかもしれません。しかし、冷やすことで血行が悪くなるのは好ましくないことです。特にお腹まわりは冷えると張りやすくなります。妊娠線はお腹だけではなく太ももや二の腕などいたる所にできますので、お腹に遠い部分を少し冷やすなら影響は少ないでしょう。お腹まわりに関しては専用クリームでの保湿ケアを優先して下さい。

かゆみには保湿ケアと正しい治療を


妊娠線が原因で起こるかゆみも妊娠中の病気が原因で起こるかゆみも、大きな原因は乾燥だと言えるでしょう。妊娠中は保湿クリームでのケアをしっかり行いましょう。使用する商品の成分には十分配慮して下さいね。
出産後も妊娠線の辺りがかゆいのは真皮の傷によるものだと考えられます。それ以外に原因として挙げた病気については、出産後に徐々に治っていくので過度に心配してストレスを溜めないようにしましょう。
かゆみというのはとても厄介ですよね。眠っていても無意識に掻きむしってしまうこともありますから。掻くことで傷や湿疹などの肌トラブルが起こり、真皮まで刺激が及ぶと妊娠線ができるきっかけや悪化するきっかけにもなる訳です。加えて色素沈着が起これば妊娠線を必要以上に目立たせるという悪循環になってしまいます。出産後のお肌も綺麗に保つために、かゆみが強い方はまずかかりつけの医師に相談してみて下さいね。