MENU

妊娠線は消すことが出来るの?妊娠線を消す為の方法

「赤ちゃんを産む」という人生の一大イベントのために、幸せな気持ちを感じながら何かと準備に忙しいお母さん。そんなとき、気が付いたら身体に線ができていてビックリという方もいるようです。そう、妊娠線です。妊娠・出産について調べていると、お母さんの悩みの種として何度も目にする言葉ではないでしょうか。いつの間にできてしまったのか分からない方もいる妊娠線ですが、できてしまうとなかなか治りません。そこで、できる前に気付くことはできないものか、妊娠線ができるときの前兆についてお伝えしたいと思います。

妊娠線がどんなものか知りましょう


妊娠線の前兆を知るために、妊娠線がどうやってできるのかを簡単に見ていきますね。
とても分かりやすい言葉でいうと皮膚が裂けることによって起こる傷のことです。「裂ける」なんて聞くと痛そうですし、すぐに気づきそうな感じがしますよね。ところが、なぜか皆さんの知らない間にできてしまっているのです。
妊娠線は肌の表面が急に裂けて線ができる訳ではありません。一番初めに裂けるのは表面からは見えない肌の奥、真皮や皮下組織といった部分なのです。この初めにできる傷は実にゆっくりと広がっていきます。ですから表面に見えたときにはすでに最終段階という訳です。
妊娠線ができる原因は様々ですが、ホルモンバランスの乱れや乾燥が大きく関わっています。赤ちゃんが成長するにしたがってお腹も大きくなりますから、皮膚が引っ張られて傷ができてしまうという訳です。

妊娠線ができる予兆って何があるの?


・一般的に言われている予兆で一番多いのは「肌のかゆみ」です。すでに妊娠が分かっている方は、ホルモンバランスの乱れで肌トラブルが起こることには気が付きやすいはず。それでもこの「かゆみ」のサインを見落としてしまうことがあります。なぜなら無意識に肌を掻いてしまっていることが多いからです。「妊娠したら肌が乾燥してきたな」と思っていると、かゆみの原因は乾燥ということで片づけてしまい妊娠線の予兆とまでは思わないこともあります。
「掻く」という行為は肌に刺激を与えるため妊娠線の原因になることを覚えておきましょう。

・お腹が出てくる・胸が張るなど全身の体型の変化も予兆のひとつ。妊娠線は何もお腹にだけできる訳ではありません。脂肪の付きやすいところには妊娠線もできやすいと考えましょう。体型の変化は「妊娠⇒出産」へ向けた体の準備です。当然、体の内側では皮膚が引っ張られてきているので、妊娠線の予兆と考えることができます。

・お腹の重みや腰痛を感じるのも体からのサインです。腰痛も赤ちゃんの重みによって起こってくるので、「これは妊娠線に気を付けなければ」と考えましょう。もしかすると自分では見えにくい位置に線ができ始めている可能性もありますので注意が必要です。

予兆を見逃さず早めのケアを!


・妊娠線ができる前兆を見逃さないようにしましょう
前兆には、肌質の変化による乾燥・かゆみや刺激・体型の変化・お腹の重みや腰痛などが挙げられます。かゆみは無意識に掻いていることが多いので、肌の乾燥の方が変化としては気付きやすいかもしれないですね。
体型の変化でいうとひとつの目安として、体重が増え始める5,6ヶ月頃〜8ヶ月頃と急激にお腹が大きくなる臨月も気を付けたいところ。体型の急激な変化は妊娠線の出来る可能性を上げます。「昨日は無かったのに妊娠線ができている!」ということも。どんなに気を付けていても些細なことでできてしまうのが妊娠線のコワイところなのです。

・重要なのは諦めずにケアすること
頑張ってケアしていたのに妊娠線ができてしまったときのショックは本当に大きいですよね。日々の努力を思うとやりきれなくなるのも当然です。
でも、そこでケアを止めるのは待って下さい!止めてしまっては妊娠線が酷くなる一方です。それ以上悪化させないためにも、頑張ってケアは続けていきましょう!途中で止めてしまったり何もしなかったりすると後悔も大きいものです。

・予兆に気付かないこともあります
妊娠線のでき方や予兆には個人差がありますから、変化を見逃してしまうこともあるかもしれません。しかし、「妊娠=妊娠線」と考えて予防的にケアをしていれば安心です。予兆の有る無しに関わらず、妊娠に気付いたらしっかりと妊娠線ケアはしていきましょう。

後悔しないためにしっかりケアすることが大切


妊娠線の出来る割合をご存知ですか?実に70%〜90%の方に妊娠線ができると言われています。個人差もありますが、多くの方が何かしらの予兆や前兆を感じています。ただ、あまりに些細で気付かないことがあるのも事実です。ですから、妊娠線予防は早めに始めるに越したことはありません。
ケアしていたのにできてしまった方はガッカリするかもしれませんが、諦めずにケアを続けていれば薄く目立たなくできるものです!これまでのケアと違ったアプローチをしてみてもいいかもしれません。例えばケア商品の成分を見直してみる・使用量を変えてみる・使用方法を変えてみるなど、試してみる価値はあると思います。
妊娠線ができてしまっても諦めずにケアすれば、出産後の身体の悩みを減らして赤ちゃんと楽しむ時間を増やすこともできます。妊娠が分かったら早めにケアを始め、予兆に気が付いたらより丁寧にケアしていきましょう。